ピルを服用する女性
ピルは避妊はもちろん、生理周期を調整するために使用されることが多いですが、初めてピルを服用する時は不正出血について知らないと驚いてしまいますよね。ピルや避妊についてまとめていきます。

PMSはピルで解決!試してみよう!

生理前になると不快な症状や辛い症状が出てきて、生理になると解消するという場合、PMSを起こしているかもしれません。
PMSは月経前症候群とも言われるもので、この名前の通り生理前に起こるのが特徴です。
PMSの症状は多岐にわたります。

身体に現れる症状としては頭痛や腹痛、腰痛にバストの痛みや、ハリ感が強くなるなどが挙げられます。
むくみやすくなる、ニキビなどの肌荒れを起こしやすいというのも特徴です。
この他には不眠や疲れが取れないなどの症状も起こりやすいようです。

精神的な症状にはイライラ感や不安感が強くなる、情緒不安定に集中力にかけるなどを感じやすいと言われています。
また、ふいに泣きたくなる衝動にかられる方も多いようです。
精神的な症状によって、家族や恋人に当たってしまうというケースもよく見られます。
女性にとって、かなり辛い症状が出るPMSですが実は治療によって改善する事が可能です。

治療法としてポピュラーなのが「ピル」の服用です。
なぜ、ピルを服用するとPMSの改善や緩和に繋がるのかというと、体内のホルモンバランスが関係しています。
女性は体内でエストロゲンとプロゲステロンという、2種類の女性ホルモンが作られています。
排卵後はプロゲステロンの分泌が急激に増え、女性ホルモンバランスが変化します。

この急激な女性ホルモンバランスの変化に、身体や心が追い付いていかず様々な不調を感じるようになるのがPMSの原因です。
ピルにはエストロゲンとプロゲステロンに似た作用を持つ成分が含まれています。
服用する事によってホルモンバランスが一定に保たれるのが特徴です。

女性ホルモンバランスが一定に安定される事によって、ホルモンバランスによる影響が無くなり結果、PMS「月経前症候群」の予防や緩和に繋がります。
また、排卵を抑制する作用を持つピルはPMSだけでなく、生理不順や月経困難症といった婦人科系の病気の治療にも用いられる薬です。

生理不順・月経困難症も女性ホルモンが大きく関わっています。
生理不順は女性ホルモンのバランスが乱れる事で、月経困難症は女性ホルモンの分泌によって子宮内膜が通常より、厚くなり過ぎる事で起こる婦人科系の病気です。
ピルを服用すると脳が女性ホルモンを分泌しないモードに切り替わり、卵巣を刺激するホルモンの分泌を抑制します。

ピルによって女性ホルモンのバランスが一定になる、そして過剰な分泌を抑えられる事から生理不順や月経困難症の治療に用いられています。
ピルは産婦人科やレディースクリニックで処方されている薬なので、辛い症状を感じる方はまずは医療機関を受診してみましょう。
頭痛

PMS対策で効果のある食べ物はある?

PMS対策はピルによる治療以外にも、食べ物でケアする事も可能です。
生理前なると不順を感じやすいという方は、PMS対策に効くと言われている食べ物を意識して補ってみましょう。

まぐろやいわしといった魚類や、牛肉・鶏肉・豚肉と・レバーといった肉類、そしてにんにくに多く含まれる「ビタミンB6」という栄養素はPMSが気になる方におすすめです。
ビタミンB6は排卵期になると減少しやすい栄養素で、不足すると頭痛や気が憂鬱になるなどPMSと同じような症状を引き起こすと言われています。
ですので、排卵期から先はしっかりビタミンB6を含む食べ物を摂るようにしましょう。

小魚も積極的に補いたい食べ物の1つです。
小魚にはカルシウムやビタミンDが豊富に含まれていますが、ある実験によるとPMSの女性にカルシウムを400mg、ビタミンDを4μg投与したところ、症状が改善されたという報告がされています。

毎月の生理で多くの血液を失ってしまう女性、鉄分不足によって貧血症状を起こしがちです。
実は鉄不足によって、PMSの症状が現れたり悪化すると言われています。
レバーに多く鉄分は含まれているので、生理前は食べるように心がける事をおすすめします。
ただ、レバーはクセが強い食べ物ですので、苦手という方も多いのではないでしょうか。

レバーが苦手という方は、サプリメントで鉄分を補うのもおすすめです。
ヘム鉄という種類の鉄分は、吸収率が良いと言われています。
サプリメントを購入する際は、ヘム鉄を配合した商品を選ぶのが良いでしょう。
これらの食べ物を多く食べたからといって、必ずしもPMSが改善したり緩和するとは言い切れません。
ですが、自分で何か対策したいという場合は、食べ物を見直す方法なら始めやすいと思います。

その他の記事