ピルを服用する女性
ピルは避妊はもちろん、生理周期を調整するために使用されることが多いですが、初めてピルを服用する時は不正出血について知らないと驚いてしまいますよね。ピルや避妊についてまとめていきます。

更年期障害にピルが有効って知ってた?

更年期障害とは、40代半ば~50代半ばごろを指す更年期の時期に起こるさまざまな症状のことを指します。
女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと密接な関係があるといわれており、女性に多くみられる症状です。
エストロゲンは卵巣で分泌され、30代半ばに分泌量がピークになります。
それ以降、卵巣機能が低下することでエストロゲンの量も減っていき、40代半ばからは急激に減少します。
閉経に向かっていくこの変化に体がついていけずに起こる症状が更年期障害です。
症状としては、顔が熱く火照ったり、のぼせたような状態になるホットフラッシュや大量の汗をかくスウェッティングがよく知られていますが、頭痛や動悸、めまいなど身体面に起こる症状の他、イライラ、怒りっぽいなどの精神面への症状もあります。

さまざまな辛い症状をもたらす更年期障害は、女性ホルモンのバランスを整える治療が婦人科では行われます。
そのひとつがピルです。
ピルというと避妊薬というイメージが浮かぶ人が多いでしょうが、女性ホルモンが配合されていることから、近年更年期障害の症状で悩む人への処方が増えてきました。
ピルにはいろいろな種類がありますが、多く使用されるのは低用量ピルです。
1錠に含まれる女性ホルモンの配合量がわずかなものです。
また、低用量ピルには2種類あり、体に与える女性ホルモン量が一定のものと、日を追うごとに体に与える女性ホルモン量が変わる段階型のものがあります。
低用量ピルにもいろいろあるため、自分の症状やライフスタイルに合ったものを選んでもらえるよう、婦人科で相談することがおすすめです。

低用量ピルが使用されるのは、更年期であってもまだ閉経していない人や、症状がそこまでひどくない人、ホルモン補充療法をするほどではないという人に多いようです。
配合されるホルモン量が少ないため、重大な副作用の心配も少なく、効果も高いことから、婦人科で処方されることがあるのです。

更年期障害はホルモン補充療法が一般的な治療法

更年期障害の症状の度合いは、個人差がありますが、ホットフラッシュやスウェッティング、といった日常生活に支障をきたすような症状が起こる場合は、早めに婦人科にかかることがおすすめです。
更年期障害の治療というと、ホルモン補充療法が一般的です。
ホルモン補充療法は、急激なエストロゲンの減少に対して、必要最小限のホルモンを補充する治療方法です。
即効性が期待できる治療法とされています。
その方法により、女性ホルモンが減少する変化をゆるやかにしてバランスを整え、閉経した後のホルモン環境に体をスムーズに適合できるようサポートしてくれるのです。
ホルモンを補充するということで、急激な変化に対して、クッションの役割のようにゆるやかに着地させていく方法と考えるとよいでしょう。

ホルモン補充療法は、エストロゲンだけを補充すると子宮からの出血、乳房のハリといった副作用を伴うことが多く、そのため、プロゲステロンというもう一つのホルモンを併用して実施されます。
組み合わせ方は、年齢や閉経の有無、子宮の有無などによって選ばれます。

また、ホルモン補充療法には飲み薬、貼り薬、塗り薬があります。
飲み薬の場合、胃腸からエストロゲンが吸収され、肝臓を通って血液中に入ります。
貼り薬は、へその横や腰にパッチを貼ります。
皮膚からエストロゲンが入り、血液に取り込まれます。
塗り薬はジェル状になっており、貼り薬と同じように皮膚から血液中にエストロゲンを取り込む方法です。

ピルとの大きな違いは、ホルモン量です。
低用量ピルに含まれているエストロゲン剤の強さはホルモン補充療法の4倍あるとされ、閉経を迎えた女性の体に、ピルのホルモン量は多すぎるのです。
ピルを服用している場合、閉経前にピルからホルモン補充療法に切り替えることが必要です。

その他の記事