ピルを服用する女性
ピルは避妊はもちろん、生理周期を調整するために使用されることが多いですが、初めてピルを服用する時は不正出血について知らないと驚いてしまいますよね。ピルや避妊についてまとめていきます。

女性は子宮の病気が原因で不正出血することもある

女性が生理日以外に出血をする事を、不正出血といいます。
不正出血にも、いくつかの種類があり少量の出血から貧血を起こしてしまうほどの大量の出血まであります。
色もほんのりとピンク色から茶色や黒い出血まで様々です。
原因も症状も非常に多岐にわたるため、症状から自己判断で病名を決める事は、とても難しいと言えます。
病名の決定はやはり受診をしてみないと分からないのですが、ここでは考えられる病気を調べてみました。

女性の一生の中で不正出血の悩みはそれほど珍しい事ではありません。
初潮が始まった頃の思春期から成熟期、更年期から老年期までの間には様々な理由で不正出血をみます。
ほとんどがホルモンバランスの乱れによるものが多いのですが、稀に病気が原因になる事があります。
その一つに子宮頚管炎と呼ばれる炎症によるものがあります。
後で述べる性病が大きく関わる可能性があります。

子宮頸管ポリープ
主に良性の腫瘍が出来て、そのポリープからの出血があります。
悪性である事は稀ですがポリープが見つかった際には手術などで通り除く必要があります。
子宮頸管ポリープは無症状の事が多いですが、不正出血から発見されることが多い疾患です。
子宮腔部びらん
子宮口がただれて炎症を起こしている状態です。
真性と後天的なものがありますが、後者は性行為やタンポンなどの刺激からなる場合があります。
子宮腔部びらんは子宮頸がんの初期症状と似ていることがあるので、必ずがん検診を受けることが大切です。
子宮内膜症
若い女性に多く子宮内膜の壁が異常に厚くなってしまい、生理痛や不正出血があります。
また不妊の原因にもなるので子宮内膜症と言われたら早めに治療を受けましょう。
子宮筋腫
子宮の内部に良性のコブが出来る病気で、近年とても増えています。
子宮筋腫でも、生理日以外に不正出血があります。

婦人科の疾患で最も怖いのは子宮頸がんと子宮体がんです。
この二つに関しては半年ごとに必ず検診を受ける事で早期発見が可能です。
子宮頚がんの検査のみ受ける人も多いのですが不正出血が見られる場合には子宮体がんの可能性も高いので必ず両方を受けましょう。

性病が原因で不正出血する場合もある

先ほどの子宮頸管炎のところで触れましたが、子宮頚管炎というのは淋病やクラミジア感染症、尖圭コンジローマなどの性病が原因で起こすことがあります。
子宮頸管というのは、とても脆くて出血が起きやすい場所なのですが、反対に異常があればすぐに気が付きやすいともいえます。
この場合の子宮頸管炎では、骨盤内炎症性疾患になってしまい発熱や下腹部に痛みが出てきます。
放っておいて悪化すると我慢できないほどの腹痛を起こして救急車で運ばれることもある怖い病気です。

不正出血などの悩みがあり性病にかかった可能性があっても、婦人科の受診をためらい、放置してしまう事も少なくありません。
ですがきちんと完治しておかないと将来不妊になってしまったり、赤ちゃんに産道感染させてしまう可能性もある病気なのでしっかりとした治療が必要です。
また性病が原因の場合にはパートナーにも治療を受けてもらう必要があります。

クラミジアが原因の不正出血は、性交渉後の少量の出血の事が多いです。
また排尿時に沁みる事もあるのですが、いずれも軽い症状の為に見落としてしまったり放置してしまい慢性化してしまう可能性もあります。
少しでも出血らしきものがあった場合には、受診をしましょう。

クラミジアに次いで多いのが淋病による子宮頸管炎での不正出血です。
男性にも排尿痛などの症状が現れます。
またオーラルセックスなどでは、喉にも炎症が及びます。
この場合でも同じように排尿時に痛みや違和感があったり性器からの出血で気が付くことが多い病気です。
きちんと原因を突き止めて治療を受ける事で、他の病気が発見できたり予防ができるので、少しでも出血があったら、すぐに婦人科を受診しましょう。

その他の記事