ピルを服用する女性
ピルは避妊はもちろん、生理周期を調整するために使用されることが多いですが、初めてピルを服用する時は不正出血について知らないと驚いてしまいますよね。ピルや避妊についてまとめていきます。

低用量ピルならトリキュラーがオススメ

トリキュラーの箱と錠剤低用量ピルの中でもトリキュラーは非常に優れたピルです。
トリキュラーはかなり高い確率で避妊を可能とし、さらに生理痛・生理不順にも効果があると言われている低用量ピルです。
製造販売元はバイエル薬品株式会社という会社で、トリキュラーだけでなく様々なピルの製造・販売を行っている大手の製薬会社です。
日本だけでなく、世界中で利用されている低用量ピルであるため、安全性についても非常に高いと言われています。

トリキュラーは3相性ピルに属していて、1シートに含まれている服用する錠剤が3種類に分かれています。
このように3種類に分かれているのは、錠剤に含まれているホルモン量が3段階に変化するからです。
他の低用量ピルよりも体内バランスを自然に保つように調整されていることから副作用も出にくい低用量ピルであることが特徴です。

トリキュラーに含まれている成分は、レボノルゲストレルと呼ばれている黄体ホルモンと、エチニルエストラジオールと呼ばれる卵胞ホルモンの2つの女性ホルモンです。
トリキュラーは、錠剤に含まれている成分である2種類の女性ホルモンの配合量を週ごとに変化させることによって自然のホルモンバランスの変化に近い状態をつくり出しています。
これによって、副作用の可能性を低減しながら避妊効果を十分に得られるようになっています。

トリキュラーの副作用としては、服用を始めた頃には副作用的な悪心や頭痛、下腹部の痛みや吐き気などが起きる場合があると言われています。
この副作用は、トリキュラーを服用することによって生じるホルモン環境の一時的な変化によるものであるため、ほとんどの場合、トリキュラーの服用を続けるうちに軽減していきます。
いずれの副作用も、他のピルよりもきつくないと言われていますが、ピルは人それぞれ身体に合ったものを選ぶのが原則であるため、これらの症状が長引いたり、重くなったり、心配な場合には、医師や薬剤師にすぐに相談するようにすることが大切です。

トリキュラーの購入サイト

トリキュラーの購入先はこちら
通販サイトの(@通販)に移動します

長期間使用する予定ならジェネリックがオススメ

トリキュラーは自費薬であるため、自分でトリキュラーを購入する場合の金額は医療機関毎に異なります。
そのため薬価がついていないのが現状です。
トリキュラーの相場にかなりばらつきがありますが、1シートで4000円前後で購入することが可能です。
トリキュラーには、主成分であるレボノルゲストレルやエチニルエストラジオールが含まれているジェネリック医薬品があります。

トリキュラーの代表的なジェネリック医薬品と言えばラベルフィーユです。
ラベルフィーユは、富士製薬工業株式会社が製造・販売している低用量ピルです。
ラベルフィーユには21錠のものと28錠のものがあります。
どちらにせよ偽薬が含まれているかいないかの違いだけなので、その効果は同じです。

ラベルフィーユも自費薬のため金額は医療機関ごとに異なりますが、1シートで2500円前後が相場です。
トリキュラーと同様に自費薬であるため薬価がついていません。
トリキュラーと比較すると、購入のための相場がかなり低いため、低用量ピルを長期間使用する予定である場合、ジェネリック医薬品の購入がおすすめです。

ラベルフィーユもトリキュラーと同様に3相性ピルと呼ばれるタイプの低用量ピルであるため、女性本来の自然なホルモンバランスに近くなるように成分が3段階に変化するようになっています。
トリキュラーと同様に、錠剤ごとに含まれているホルモンの量が違うので、毎日決められた順番で飲むことが大切です。
飲み忘れなどがないようにシートには番号が記載されているのでその順番通りに服用することが大切です。
ラベルフィーユの副作用としても、トリキュラーと同様に、不正出血、乳房痛、乳房障害、頭痛、気持ち悪さ、吐き気、嘔吐などの胃腸の症状を挙げることができます。

その他の記事