ピルを服用する女性
ピルは避妊はもちろん、生理周期を調整するために使用されることが多いですが、初めてピルを服用する時は不正出血について知らないと驚いてしまいますよね。ピルや避妊についてまとめていきます。

ピルを飲むと太るそのメカニズムとは

ピルを飲むと太るという話を聞いたことはありませんか。
そのメカニズムを説明します。
そのメカニズムの一つは、体内の水分量が増えることで体重が増えるということにあります。

ピルに含まれるエストロゲンには、体内の塩分排出を抑える作用があります。
体内の塩分、すなわちナトリウムが体内に貯留することで体内の電解質のバランスを整えるために水分も取り込みやすくなります。
そのため、むくみが生じて体重が増えることになります。むくむだけでは太るとは言えませんね。

さらに、ピルに含まれるエストロゲンには女性らしさを増やす作用があります。
女性らしさとは、胸や腰まわりなどに脂肪がありふっくらした体型であることを指します。
脂肪がつきやすくなるため、ピルを飲むと太りやすくなると言われるのです。それだけではありません。
太る原因といえば食事が思いつくと思います。

ピルには、食欲が増す作用があります。
ピルを飲むということは、体に妊娠中であると錯覚を起こさせることでもあります。
ホルモンだけでなく、妊娠中と同様に高温期が続き食欲も増します。
そのため、食事量が自然に増すために通常と同じように食べ過ぎることが原因で体重が増加して太ることになります。
こういった理由があり、ピルを飲むと太ると言われているわけです。

太ることは、ピルを飲むことで起こる副作用ではありますが、副作用が起こるかどうかは個人差が大きいです。
全く起こらない人もいれば、体重の増加が著しい人、多少の増加で治る人など、様々で個人差が大きいようです。
また、これらの副作用も、むくみであればむくみをとるためのマッサージであったり、脂肪がつきやすくなったり食欲の増加であったりすれば、食事による気を使って塩分の摂取やエネルギーの摂りすぎに気をつけたり、運動の習慣をつけてこまめに動くようにすることで太ることをコントロールすることができるでしょう。
ピルを飲むデメリットもありますが、それを補って上手にピルを使うといいですね。

むくみとりのためのマッサージや軽い運動を心掛けよう

ピルを飲み始めて、むくんでいることに気がついても諦めるしかないのでしょうか。
そんなことはありません。
むくみは自己管理することができるのです。
むくみをとるための簡単な方法をお教えしましょう。

マッサージ
体が温まっている時には、リンパの流れも良くなっているのでマッサージの効果が大きいです。
入浴後などにボディクリームやマッサージオイルなどを塗って、肌への負担を減らし、手足の指から心臓の方向へ向かって優しい力でゆっくりマッサージしていきます。
また、むくみを自己管理するもう一つの方法は運動です。
運動することで筋肉量が増したり、筋肉が収縮することで血液循環が良くなってむくみを軽減することにつながります。
運動習慣のない人が急に運動をするとなると気構えてしまいますね。
水泳やウォーキング
激しい運動ではなく、水泳やウォーキングでも十分です。
どちらも全身運動ですので、効率よくむくみを解消することができますね。
水泳の場合も、泳げなくても構いません。
水圧がマッサージと同じような効果がありますし、水中をウォーキングすればとても良い運動になるでしょう。
自転車こぎ
また、家の中でもできる運動では、自転車こぎが良いでしょう。
まず、仰向けに寝て両足を上げます。
そして、そのまま自転車をこぐようにゆっくりと左右交互に足を回していきます。
やってみると分かりますがなかなかきついです。
かかと上げ
特にふくらはぎのむくみが気になる時には良いでしょう。
まず、椅子や壁を支えにしてかかとを上げ、次に床につかないようにかかとを下げます。
これを20回繰り返します。

とても簡単な方法ですが、むくみに効果的ですので、毎日の習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。

その他の記事